住宅ローンアドバイザーがお教えする失敗しない住宅ローンの組み方

 住宅ローンの返済が滞っている方のご相談を受けていて、気になることがあります。
 それは「マイホームを購入するときにもうちょっと考えておけば良かったのに!」ということです。 
 「マイホームは、いつが買い時ですか?」と質問を受けることがあります。これは、住宅の価格のことなのか、住宅ローン金利のことなのか、減税措置のことなのか、多分、複合的なことなのでしょう。
 住宅ローンの延滞をしている方は、購入した時には、今が買い時だと思って購入するケースが多いのも事実です。「マンションの価格が安かった」(今思えば、安くはない)、「金利が低かった。」、「アパートの家賃と住宅ローンの返済額が変わらなかった。」、「結婚したから。」、「家族が増えたから。」、「営業マンがしつこかった。」などということが買い時だと思う理由なのでしょう。
 そして、私の答えは、「マイホームの買い時は、あなたが買いたいと思った時が、実は、買い時なのです。」  但し、条件が付きます。それは、よく考えてから買いましょうということです。いわゆる「衝動買い」はやめましょう。
 
次からは 何を考えて購入するのか見ていきましょう。

 

住宅ローンを組んでマイホームを持つリスク

 先にも書きましたが、「マンションの価格が安かった。」、「住宅ローンの金利が低かった。」、「アパートの家賃と住宅ローンの返済額が変わらないのだから、家賃を払うのはもったいない。」、「営業マンがしつこかった。」、「年をとると賃貸アパートが借りられなくなるから。」と、マイホームを購入する動機があります。言い換えれば、これは、将来的に見て、マイホームを購入した方が、得をするのではないかと思っているところにあります。
 しかしながら、住宅ローンを組んで、マイホームを持つことのリスクを忘れてしまっていることがあります。

住宅ローンを組んでマイホームを持つリスク
@ 失業や倒産、不況で収入が激減などにより、住宅ローンが払えなくなる。

 住宅ローンは長期にわたって返済していかなければなりません。その間に、収入が激減して住宅ローンが滞納してしまうことがあります。特にボーナス併用で返済を組んで場合に、ボーナスが出なくなったということはよくあります。ボーナスを当てにしない返済が可能か考えておくべきです。
 また、夫婦のどちらにも収入がある場合、両方の収入を合算して、返済計画を立てることがありますが(それもどちらのボーナスも期待して)、どちらかの収入が無くなっても返済が可能か考えておく必要もあります。
A 住宅ローンの返済以外に住宅を維持するためのランニングコストがかかる。
 固定資産税や火災保険、マンションなどの管理費・修繕積立金・駐車場代などのランニングコストが住宅ローンの返済以外にかかります。
 固定資産税は、新築の住宅を購入すると、条件が合えば、建物部分が3〜5年間軽減されて2分の1になります。しかし、その軽減の期間を過ぎるとその期間の倍になるのです。また、住宅ローンの金利が当初優遇されていたり、所得税の住宅ローン控除があって、当初は、支出が軽減されているケースが多いのです。
 このことを見過ごしていて、住宅ローンが延滞するケースも多いのです。「こんなにマイホームを持つとお金がかかるとは思わなかった。」 というのが感想でしょうか。住宅ローンを延滞している方は、固定資産税やマンションの管理費などもだいたい滞納しています。
B 修繕にかかる費用や将来建替えにかかる費用がいる。
 賃貸の場合は、大家さんがこの費用を負担します。しかし、マイホームとなるとこの費用はもちろん自分で持たなければなりません。家が壊れたからといって、誰も修繕費は出してくれません。
 住宅ローンの返済+ランニングコスト+修繕費  考えておきましょう。

 以上のようなリスクもマイホームを購入するとあるということを認識しておきましょう。誤解してほしくないのは、決してマイホーム購入より賃貸のほうが優れていると言っているわけではなく、どちらも一長一短がありますし、個人個人の価値観の違いもあります。ただ、住宅ローンの延滞のご相談を受けているとこのリスクを考えてないで衝動買いをした方が多いのです。
 何回も言いますが、マイホームの買い時は買いたい時です。しかし、衝動買いはいけません。リスクも考えた上での購入や何故マイホームがほしいのか、もう一度良く考えてみましょう。



    
 

あえて家を持たないという選択

 あえて家を持たないという選択肢もあります。前に述べたように、住宅ローンを組んで家を持つリスクを書きました。
 建設会社や戸建販売業者、マンション販売業者のチラシやホームページなどに家賃と住宅ローンの支払が同じくらいなら、家を持とう。家賃はいくら払っても家は自分のものになりません。と書いてあるのを見かけたことはありませんか。
 もっと見てください。戸建業者は、マンションより戸建が良いことを、マンション業者は戸建よりマンションが良いということをセールスにしています。確かに家賃はいくら払っても家は自分のものにはなりません。
 しかし、実は余計な話なのです。人によってライフスタイルがあります。賃貸であればその時々の状況によって住み替えが可能です。家を持つことによって縛られることも多いのです。
 持ち家にも賃貸にも両方にメリットとデメリットがあります。だから、鵜呑みにしてはいけないのです。今、あえて住宅を手放して賃貸へ引越しされる方もいらっしゃいます。(住宅ローンが払えないからという理由だけではありません。)
 ぜひ、自分のライフスタイルに合わせてお考えください。
 
 

ご相談・ご予約はこちらへ

痛みのわかる再生・再スタートのお手伝いを

          ・・・Set/SaiL/Support=船出する/支援する


マンションサポート広島
082(246)0883
インターネットでのご予約はこちらをクリック
(秘密は厳守いたします。)
ご相談料は無料です。