・H22.9.7 CO2の排出枠、家庭の削減分、企業に売却・・・・?

 今年は、猛暑で、各地で過去の最高気温を更新しています。9月に入っても35度以上の日が続き、身体が持ちません。日中30度ぐらいだと涼しくなったと感じるのは私だけでしょうか?
 そこで、気になることがあります。私の勉強不足なのかもしれませんが、素朴な疑問です。
 本日の日経新聞によると、家庭で削減したCO2の排出枠を国が企業に売却する事業を始めるとのこと。せっかく削減したCOを何故企業に売却するのですか?国が環境ビジネスで金儲けをするということなのでしょうか? 環境関連機器の購入に補助金を出す見返りに排出枠を国が取得したとみなす。補助金を回収するために排出枠を企業に売却するとしたら、本末転倒ではないでしょうか? 京都議定書の目標達成に排出枠を活用できるとのことですが、地球温暖化対策が待ったなしと言われているなか、どうして排出枠の取引が有効なのでしょうか? 
 今回の仕組みをきっかけに国内で排出枠の取引をする仕組みを広げ、国として温暖化ガス削減につなげる考えとのことですが、どうして削減されるのでしょうか?  排出権取引にファンドがからんでくるのでしょうね。CO削減という名のビジネスチャンスなのでしょうか? 今日の新聞を読んでいて疑問だらけです。誰か教えてください。

 暑い日が続くので、冷たいものをよく食べていましたが、コンビニに入るとおでんや中華まんが売られています。思わず買ってしまいました。さすがコンビニ。購買者の心理を読んでいるなあと思った今日この頃です。

ご相談・ご予約はこちらへ

痛みのわかる再生・再スタートのお手伝いを

          ・・・Set/SaiL/Support=船出する/支援する


マンションサポート広島
082(246)0883
インターネットでのご予約はこちらをクリック
(秘密は厳守いたします。)
ご相談料は無料です。