・H22.8.8 クレジット業界、契約・残高、ネットで開示

 クレジット業界が保有する支払い状況などの信用情報を利用者本人がインターネット上で調べられる新サービスが始まることが分かった。業界の信用情報機関CICが今年12月から試験的に始め、2011年度の本格導入を目指とのこと。6月に改正貸金業法が施行され、「総量規制」が始まった影響で、利用者から「残高を確認したい。」「契約を断られた理由が知りたい。」などの相談件数が増えていることに対応する。(中国新聞より抜粋)

 住宅ローンの延滞をしている方の相談を受けると、クレジットカードやカードローンも利用しているケースが多いのです。しかし、複数の業者から借りていたとき、総額が分からなくなっています。その場合、総額を把握するために時間がかかることが多いのですが、ネットで開示されることによって取引情報が正確に速く把握できれば助かります。
 相談が多くなるということは予想していましたが、今後、更に法改正の影響が出てくると思います。

 なお、我々は、クレジットやカードローンなどの返済について問題がある場合には、弁護士や司法書士とともに対応しておりますので、ご安心ください。

 個人信用情報機関関連のページはここをクリック

ご相談・ご予約はこちらへ

痛みのわかる再生・再スタートのお手伝いを

          ・・・Set/SaiL/Support=船出する/支援する


マンションサポート広島
082(246)0883
インターネットでのご予約はこちらをクリック
(秘密は厳守いたします。)
ご相談料は無料です。