・H22.4.1 09年度住宅着工80万戸割れ確実45年ぶり

 国土交通省が31日発表した2月の新設住宅着工が、前年同月比9.3%減の5万6527戸と15ヶ月連続で前年を下回った。2月としてはデータのある1965年以降、過去最低。09年度累計が64年度以来、45年ぶりに80万戸を割り込むのは確実だ。
 持ち家の着工戸数は、前年同月比2.9%増の2万867戸で4ヶ月連続増、分譲住宅は25.6%減1万3069戸で15ヶ月連続減、貸家は8.4%減の2万1671戸だった。
 景気対策で、住宅エコポイントの導入や「フラット35」の貸出金利の優遇、住宅ローン減税の拡充など住宅が買いやすい状況になってきているのは確かだと思います。住宅の買い時は自分が買いたいと思う時だといつも皆さんにお話はしていますが、ご自分のライフプランや収入・支出のマネープランを考えてのことです。衝動買いのことではありません。
ご相談・ご予約はこちらへ

痛みのわかる再生・再スタートのお手伝いを

          ・・・Set/SaiL/Support=船出する/支援する


マンションサポート広島
082(246)0883
インターネットでのご予約はこちらをクリック
(秘密は厳守いたします。)
ご相談料は無料です。