・H22.3.4 債権回収会社の監督強化

アジサイ.JPG

 法務省は3日、銀行などから譲り受けた不良債権を回収する債権回収会社(サービサー)への監督を4月から強化する方針を固めた。監督基準に新たに「保険金やその解約金を債務弁済にあてるよう強要、示唆しない。」など具体的な項目を加え、守らない場合は業務改善命令などで債務者を保護する。サービサーの取扱債権額は昨年6月末で累計265兆円に達した。巨大市場の健全性を高める狙いだ。
 禁止行為として例示するのは、@正当な理由なしに債務者の勤務先に電話したり、FAXやメールを送信する。A債務者の自宅や勤務先で、債務者から退去を求めれても応じない。B債務者以外の人が拒否しているにもかかわらず取立てへの協力を要求する・・・・など(日経新聞より)
 サービサーは、会社によって、回収の仕方に違いがあります。

ちなみに法務省が債権回収業の営業をを許可した会社(サービサー)は、こちらへ
法務省HP
http://www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html 

ご相談・ご予約はこちらへ

痛みのわかる再生・再スタートのお手伝いを

          ・・・Set/SaiL/Support=船出する/支援する


マンションサポート広島
082(246)0883
インターネットでのご予約はこちらをクリック
(秘密は厳守いたします。)
ご相談料は無料です。